2017年11月23日

瞬間風速的な秋山翔吾の連続試合安打記録で考える

以前から考えている『野球選手の分類』について

前のエントリ
「瞬間風速的な極端な記録で打者の分類ができないか?」
で触れた“瞬間風速的な記録”の話の続きです。

瞬間風速的なとんでもない記録はどのような時に生まれるのか?
特に連続記録にこだわってみたいと思います。

連続記録は日をまたがるある一定の日数の間だけ、神懸かりとも言える好調をずっと維持したパフォーマンスの結果と捉えています。
分類法の参考にしようとしている元祖の「M3」にも同じような定義があるのですが、この手を付けられないような“絶頂期”は先に説明した3つの要素である
C/集中力
L/淡白さ
S/闘争心
の中で言えば、「S」の典型的な特徴と捉えています。

冒頭に触れたエントリでは、千葉ロッテ・清田選手の「4試合連続猛打賞」を取り上げました。
こんな成績を残した清田選手には「S」要素が強いという考え方です。

続きを読む
posted by maddog31 at 16:30| Comment(0) | 僕の勝手な野球選手分類法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

得点記録の内訳で選手の分類ができないか?

選手の持つ資質+性格的なものが似ていれば、同じようにプレーや成績に結果として表れるのではないか?

なんていうことを考えています。
そういう見方で、この数回のエントリーで「野球選手を分類する」方法を考えてみようと思っているわけです。

一般的な選手の分類としてはこのようなところでしょうか。
投手なら
右投げ/左投げ、速球主体/制球主体、先発型/抑え型、オーバースロー/サイドスロー/アンダースロー、・・・

打者なら
右打ち/左打ち、俊足/鈍足、アベレージヒッター/長距離ヒッター、・・・

続きを読む
posted by maddog31 at 10:00| Comment(0) | 僕の勝手な野球選手分類法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

検索
 
アクセスランキング
最近のコメント