2017年11月24日

瞬間風速的な極端な記録で打者の分類ができないか?

連続猛打賞の日本記録は5試合

以前、千葉ロッテの清田選手の連続猛打賞が4試合まで続いて途絶えた頃に、ちょっと調べて
5試合連続猛打賞という記録から二刀流・大谷に期待したい記録を見つけた
http://hobbybaseball.seesaa.net/article/419128757.html
というエントリーを投稿しました。

日本記録は、5試合連続。
達成者は千葉ロッテで清田選手の同僚である井口資仁選手と、西沢道夫さん(元中日)。
西沢さんは、画像も映像も見たことがない選手でピンときませんが、井口選手はそんな記録を保持していたのですね。
知りませんでした。

ついでに二塁打関連の記録を調べてみると、1試合4二塁打という記録もありますね。
僕の馴染みのある選手で言えば、これらの選手が達成者でした。
基満男(大洋)
高沢秀昭(ロッテ)
大野久(ダイエー)
イチロー(オリックス)
柴原洋(ダイエー)
井口資仁(ダイエー)
糸井嘉男(日本ハム)
岩村明憲(ヤクルト)

続きを読む


posted by maddog31 at 17:00| Comment(0) | 僕の勝手な野球選手分類法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WHIPと防御率のギャップで投手の分類ができないか?

WHIPと防御率

WHIPとは
 投球回あたり与四球・被安打数の合計を表す
防御率とは
 投球回あたりの自責点を1試合相当(9イニング)で表す

セイバーメトリクスの知名度が上がってきてから耳にするようになったWHIP。
このWHIPが低ければ、当然失点(自責点も)も少なくなるはずだと考えているのですが、実際のところ、防御率とは乖離がないのだろうか?

続きを読む
posted by maddog31 at 11:00| Comment(0) | 僕の勝手な野球選手分類法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

瞬間風速的な秋山翔吾の連続試合安打記録で考える

以前から考えている『野球選手の分類』について

前のエントリ
「瞬間風速的な極端な記録で打者の分類ができないか?」
で触れた“瞬間風速的な記録”の話の続きです。

瞬間風速的なとんでもない記録はどのような時に生まれるのか?
特に連続記録にこだわってみたいと思います。

連続記録は日をまたがるある一定の日数の間だけ、神懸かりとも言える好調をずっと維持したパフォーマンスの結果と捉えています。
分類法の参考にしようとしている元祖の「M3」にも同じような定義があるのですが、この手を付けられないような“絶頂期”は先に説明した3つの要素である
C/集中力
L/淡白さ
S/闘争心
の中で言えば、「S」の典型的な特徴と捉えています。

冒頭に触れたエントリでは、千葉ロッテ・清田選手の「4試合連続猛打賞」を取り上げました。
こんな成績を残した清田選手には「S」要素が強いという考え方です。

続きを読む
posted by maddog31 at 16:30| Comment(0) | 僕の勝手な野球選手分類法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

得点記録の内訳で選手の分類ができないか?

選手の持つ資質+性格的なものが似ていれば、同じようにプレーや成績に結果として表れるのではないか?

なんていうことを考えています。
そういう見方で、この数回のエントリーで「野球選手を分類する」方法を考えてみようと思っているわけです。

一般的な選手の分類としてはこのようなところでしょうか。
投手なら
右投げ/左投げ、速球主体/制球主体、先発型/抑え型、オーバースロー/サイドスロー/アンダースロー、・・・

打者なら
右打ち/左打ち、俊足/鈍足、アベレージヒッター/長距離ヒッター、・・・

続きを読む
posted by maddog31 at 10:00| Comment(0) | 僕の勝手な野球選手分類法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

野球選手の分類は3大パターンで大まかなにイメージ

以前から考えている『野球選手の分類』について

1つ前のエントリで触れた「Mの法則」というものについては、今は下記のサイトくらいしか見つけられないですが、参考サイトがあります。
・ひらけ!ちびごま。(http://www.keiba-m.com/

競馬の馬を野球選手の人間性と素養に置き換えて、概要はこのような感じです。
勝負の場面に置かれたときに、人間が発揮する性格=タイプに置き換えて、次の3つの要素を説明したいと思います。

C/集中力
・自分の持つパワーを、相手より上回る・勝つために投入するタイプ
・パワーが劣っているためにこのCの性質を身に着けた人が多い
・競っている間は集中力が持続する
・競れない状況下ではパワーを発揮しない
・負けた時のダメージが大きい

L/淡白さ
・自分の持つパワーを、始めから終わりまで一定量を投入するタイプ
・パワーを豊富に持っている人に多い
・良くも悪くも周りに左右されることなく、マイペースである。
・競りかけられる状況下では挑まない・勝負を諦める
・負けてもあまり気にしない

S/闘争心
・自分の持つパワーを、決めた一瞬で一気に投入するタイプ
・持つパワーをフルに使い切ろうとする
・パワーの出力は持続しない
・むらっ気がある
・強い相手にも向かっていく闘争心が豊富

だいたい、このようなイメージをもっています。
実際には、競馬予想の本家「M3」同様にこの3大イメージを組み合わせた結合パターンも考えてます。

posted by maddog31 at 08:00| Comment(0) | 僕の勝手な野球選手分類法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラベルリスト
下記ブログランキングに参加中

bnr80_15_04.gif

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ

人気ブログランキングへ

検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。