スポンサードリンク

2009年12月06日

2009西武ライオンズ(22)〜中村剛也

今年の中村剛也選手についての振り返り。


開幕から4番に固定された今年は、昨年の大活躍に続いてホームランを量産。
結果的に昨年の46本を上回る48本のホームランを打って、2年連続のパ本塁打王を獲りました。
ライオンズの日本人選手で
2年連続の40本超は秋山幸二氏以来で、
2年連続の本塁打王は中西太氏以来
と、それぞれ快挙でした。

加えて今年は122打点でパの打点王を獲得。
こちらも球団記録を塗り替えました。

Wikipediaを見て知ったのですが、今年は驚異的な長打率(.651)のお陰もあって、
OPS = (出塁率)+(長打率)
が両リーグで唯一10割を超えたそうです。
そして、もちろんベストナインも獲得。


と、順調なところばかりを挙げましたが、今年は三振・失策も2年連続で最多を記録してしまいました。
今年は前半は三塁手固定で起用されて、途中の怪我による離脱なども挟んでからは一塁守備に着いたり、指名打者固定になったり。
僕が今年見た試合では、三塁手でスタメン→一塁手へ→サヨナラエラーという残念な試合もありました。
今後、中村選手の守備面をどのように扱っていくか?はライオンズ再浮上の命題になりそうですよね。


前にも書きましたが、打撃面では中村選手が4番に固定されたことで、3番を打つ中島選手に好影響を与えていると思います。
一方でこちらも前に書いたとおりなのですが、5番打者を固定できないことで、4番打者への負担は大きくなってきています。
石井義人G.G.佐藤後藤武敏などなど日替わりで5番打者を起用するものの、固定できない状況は昨年と変わりありませんでした。
5番以降の打線でシーズン通して起用できる選手が固まると、中村選手へはより良い影響が出るように思います。

それと合わせるように、その選手を起用するための中村選手の守備位置固定という話も出てきます。
固定で起用する選手が一塁手なのか、指名打者なのか、三塁手なのか・・・。

これも前から持論として提唱していますが、三塁を守れる選手がいて、内野手に有望な選手がいる中で、中村選手を早めに一塁手か指名打者に固定してあげて、シーズン通して戦ってもいいと思います。
守備の負担を軽くするだけでも、好影響はありそうですので。

何はともあれ、中村選手の打の成績は素晴らしいものがあり、申し分ないところです。
しかし、来年以降のライオンズを見据えてみると、中村選手以外の内野手の陣形と、それによる打順の組み方が、守備面でも攻撃面でも中村選手へ与える影響が多分にありそう。
そんなことをずっと考えながらの今年1年でした。
 続きを読む
posted by maddog31 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

2009西武ライオンズ(21)〜片岡易之

今年の片岡易之選手についての振り返り。


今年は当然のように50盗塁を達成して、3年連続でパ盗塁王を獲得しました。
その他、打撃成績についてはやや昨年と違う数字をはじき出しました。
最多安打だった昨年から安打数が減り、四球を増やしたものの、結局打率は.260。
実は元々高くはない出塁率も、昨年から下げました。
一方で、本塁打が一気に2ケタの13本、打点も50超え(58)たものの、三振も増えました。
盗塁王以外のタイトルも無冠で、全体的に荒い印象が今年の成績の印象の悪さを象徴しています。


ただ、この選手はまだ沢山の可能性を秘めていると思うんですよね。
入団からライオンズの「7」を着けるだけの期待を感じさせる選手ですから。

続きを読む
posted by maddog31 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

2009西武ライオンズ(20)〜中島裕之

西武ライオンズ・中島裕之選手の今年一年について。


チームの優勝を逃してしまいましたが、ナカジ個人としての成績としては今年1年はテンコ盛りです。

去年がとても高いパフォーマンスだったので、今年は?と不安にも思っていましたが・・・。
出場したWBCでは、遊撃手としてレギュラー出場して、.350以上の実質チームトップの打率。
シーズンに入ってからは、WBCで繋ぎに徹した影響からか?しばらくは本塁打が出ない打席が続きました。
しかし、結果的にはWBCの疲れなどみせるそぶりも無く打ち始め、オールスターゲームにも選手間投票で出場し、「ベストプレー賞」を獲得。

シーズン終盤まで安定した成績を保ち、終わってみればパ・リーグ唯一の全試合フルイニング出場の上で「最多安打」(初)、「最高出塁率」(2年連続)を獲得しました。

そして昨年に続いて3割20本20盗塁を達成しました。
ホームランは序盤に少しでも打っていれば、25本は打てたかな?
盗塁については、今年は成功率がだいぶ下がってしまいました。
もう少しデキる!と望んでしまうファンの願いも多分に入ってますがわーい(嬉しい顔)
ちなみに「Wikipedia」で知ったのですが、今年のナカジの成績は指標「PSN」を算出すると両リーグトップだそうです。
PSNはPower-Speed-Numberで、計算式は
(本塁打 × 盗塁 × 2) ÷ (本塁打 + 盗塁 ) です。
指標からは「最もパワー&スピードを兼備した選手」ということになります。
もっとも、パワーとスピードの両面が反映されそうな2塁打や3塁打という指標を抜きに、どこまで表現できている指標かという疑問もありますがね。

いずれにしても、今年の成績を数字だけで見ても
「試合数」「得点」「安打」「打点」「四球」で自己ベスト。
課題といわれてきた守備面も、昨年の守備率を上回りました。
残念ながら「ゴールデングラブ賞」は受賞できませんでしたが、遊撃手部門で昨年に続いて「ベストナイン」を受賞。
草野球でもチラホラと久保田スラッガー・中島モデルのグラブを見かけるようになりました

守備面でも認知されてきたことでしょう。

個人としてはキャリア・ハイの1年と言えるでしょう。

今年は後ろを打つ4番・中村剛也選手がシーズン通して固定され、安定したことで、中島選手がチャンスで勝負してもらえる機会が多くなるはずでしたが、前を打つ打者の不調が響きました。
個人成績として最高でしたが、チームとしてはBクラス転落。
来年も安定した好成績を中島選手に期待しつつ、周りの選手の奮起によりチームの優勝を願いたいところです。

で、個人的にはこんなタンブラーを買おうか、迷い中です。
 続きを読む
posted by maddog31 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 2009西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

2009西武ライオンズ(19)〜岸孝之

去年、岸投手を絶賛してからもう1年になるんですね。
早いです。
今年のライオンズ・岸孝之投手について。



3年目のシーズンでしたが、相変わらず高いレベルの成績を残してくれました。
それにも関わらず、インパクトがイマイチ大きくないのは、何故でしょうか。
昨年の日本シリーズのインパクトが大きすぎたから?
WBCで選考に漏れたところからでしょうか。
でも、それをバネにして、シーズンインからの序盤は連勝するなど大活躍でした。
シーズン中盤から後半、思うように勝ちを重ねることができませんでした。
その要因の中には、救援陣が打たれて試合がひっくり返ったこともあるかと思います。
ですが、ファンから見ても心象を悪くした一番の要因は、今シーズンの被本塁打の多さ。
被本塁打25本はパ・リーグのワーストでした。
防御率は良くなったほか、他の投手部門の指標の数値もそれほど大差ないのに印象が悪いのは、
この1点に尽きると思います。

でも、冷静に成績だけ見れば、これはもう立派な投手成績です。
今年は最後に救援勝利を得たことで、勝利を1つ上積み。
1年目11勝、2年目12勝からまた更新して、今年3年目は13勝。
ライオンズでは松坂大輔投手以来の入団から3年連続の2ケタ勝利になり、
計36勝16敗。
勝ち数もさることながら、その勝率の高さが素晴らしいです。

ちなみに、ライオンズの涌井秀章投手は入団3年目に最多勝を獲りましたが、その時点まででの累計が
30勝24敗
でした。
涌井秀章投手が今年までの5年間累計で
56勝41敗。
勝率、勝ち数ともに岸投手はかなりのハイペースですね。


もちろん涌井投手はチームメイトにしてライバルであると周囲からは見られているのですが、僕は同期入団だった投手とも比べながら見ています。

○楽天・田中将大投手
この投手は高卒入団ですが、3年累計で
35勝20敗。
北京五輪代表、WBC代表の両代表でも活躍し、タイトルも獲っていますが、勝敗成績では内容を上回っています。
この投手が、今の岸投手にとっては最大のライバルと位置づけられるのではないでしょうか?

一方で、大学時代から下馬評がものすごく高かった投手については
○ソフトバンク・大隣憲司投手
3年累計で
21勝22敗
○巨人・金刃憲人投手
3年累計で
8勝8敗


好投手が拮抗するパ・リーグですが、チーム内外に同年代のライバルがひしめいていることが全体のレベルアップに大きく貢献していると思います。
ライオンズにも菊池雄星投手が入団してくることで投手陣には一層の期待をしたいですが、僕は投手部門のタイトルを、他球団のエースを差し置いてライオンズの投手で分け合うような展開を来年期待します。
 続きを読む
posted by maddog31 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

2009西武ライオンズ(18)〜涌井秀章

今年はライオンズのことについてツラツラと書いてきましたが、18回目は背番号「18」の涌井秀章投手について。

今年は2007年シーズンに続いて2回目の最多勝に加え、今日は沢村賞受賞が発表されました。
西武では2001年の松坂大輔投手以来の受賞になります。

今年の成績は沢村賞の選考基準で並べると、
【選考基準の7項目】
 @15勝
 A150奪三振
 B10完投
 C防御率2.50
 D200投球回
 E25登板
 F勝率6割

に対して、
 @16勝
 A199奪三振
 B11完投
 C防御率2.30
 D211.2投球回
 E27登板
 F勝率.727
となって、全項目クリアも評価されての受賞となりました。


昨年は相当に不本意なシーズン成績ながら日本一になり、ファンとしても微妙なシーズンでした。
今年は逆に、個人成績は終わってみれば上記の通り文句無く、しかしチームは4位。
今年は今年で微妙なシーズンとなってしまいましたね。

とはいえ、特にこの5年間はいずれもパ・リーグの投手が沢村賞を独占しているような高いレベルの中での受賞を評価したいです。

【沢村賞受賞投手 2000年〜】
 2001年 松坂大輔
 2002年 上原浩治
 2003年 井川慶・斉藤和己
 2004年 川上憲伸
 2005年 杉内俊哉
 2006年 斉藤和己
 2007年 ダルビッシュ有
 2008年 岩隈久志
 2009年 涌井秀章

2000年から見ると、斉藤和己投手を除くと、他はみなアメリカ挑戦組かWBC日本代表組。
今回の沢村賞受賞により、涌井投手も名実ともに球史に名を残す投手の1人になったのは紛れも無い事実です。


昨年の不振もありますが、今年は背番号「18」を松坂大輔投手から引き継いだ上に、WBCにも選ばれて活躍。
また、昨年はチームメイトの岸孝之投手が大ブレイクしたことなど、いろいろ発奮する材料があったかと思います。
また、来季からは菊池雄星投手も入団します。
若手投手陣のリーダー格としてしばらくは安泰でしょうが、チーム優勝のために頑張ってもらいたいです。


−関連記事−
2008西武ライオンズ(5)〜涌井秀章
・2009西武ライオンズ〜ペットマーク変更!?
・2009西武ライオンズ(2)〜さんまのまんま出演
・2009西武ライオンズ(3)〜背番号変更&アンケート
・2009西武ライオンズ(4)〜交流戦前まで
・2009西武ライオンズ(5)〜あるか?秘密兵器、岸の代走起用
・2009西武ライオンズ(6)〜阪神とトレードの噂
・2009西武ライオンズ(7)〜交流戦の最終戦を観てきました
・2009西武ライオンズ(8)〜80年代のライオンズベストナイン投票
2009西武ライオンズ(9)〜グラマン
2009西武ライオンズ(10)〜阪神とトレードの噂その2
2009西武ライオンズ(11)〜西武vs楽天戦を観てきました
2009西武ライオンズ(12)〜やきゅウーマンナイトに参加してきました
2009西武ライオンズ(13)〜オールスター前まで
2009西武ライオンズ(14)〜西武vsソフトバンク戦を観てきました
2009西武ライオンズ(15)〜ベースランニング&グラウンドウォークに参加してきました
2009西武ライオンズ(16)〜ファンが選ぶ80年代のライオンズベストナイン発表
2009西武ライオンズ(17)〜シーズン4位が確定 

最後までありがとうございました。
ただいま、次の野球ブログランキングに参加中です。
よろしければ 1日1クリック による投票もお願いします。
 にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
 bnr.gif 人気ブログランキングへ 

 blogram投票ボタン


posted by maddog31 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

アクセスランキング
下記ブログランキングに参加中

bnr80_15_04.gif

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

検索