スポンサードリンク

2013年01月22日

記憶に残る野球の名場面〜怪我編

昨晩、日本テレビの『深イイ話&しゃべくり007 合体2時間SP』を観ました。
『深イイ話』で取り上げれらいていたプロ野球関連の予告に釣られて、です。

いつも通り、たくさんの深イイ話を含む、今まで知らなかった話が出てきたのですが、一番良かったのは元巨人・クロマティと元中日・宮下投手の再開。
あの有名な乱闘事件の張本人の再開でした。
あの乱闘は1987年だったのですね。
もう25年も前の話。
Youtubeでも早速見つけました。
コチラです。




続きを読む
ラベル:深イイ話
posted by maddog31 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球のテレビの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

王貞治の手帳〜試合中のメモ

『シリーズ ONの時代』(NHK総合)という番組の2回目の放送を観ました。
こちらもON両人が登場しましたが、僕が注目したのは今回も王貞治氏の方でした。


今回は前回のノートの続いて、手帳の中身を初公開!
手帳というのは、監督として試合中にベンチで書いたり読んだりしていたもので、全11冊あったそうです。
見た目はこんな感じの、ファスナー付きバインダータイプのシステム手帳でしたね。

もちろん興味を覚えたのはその中身。


(当時)ダイエーホークスの監督に就任してから、この手帳にメモを残す習慣が始まったそうです。
低迷するチームを指揮する中で、「どうすれば勝てるか」と葛藤して書き残すことが始まったということでした。

始めの頃は成績も良くないことから、書いてある内容も選手へのいらだちが目に付きました。
・くやしさを出せ
・何回負けても同じことをやっている
・プロらしくないプレーをするから怒られるのだ
といった具合に。


しかし、だんだんと叱るのではなく、選手の長所を褒めてやる気を引き出すことに心境が変わってきたそうです。
○○は選手の具体名でしたが、
・○○ ナイスバッティング
・○○ ナイスバッティング
・○○ ナイススタート
などと、書かれる内容も変わってきていました。

それに、
・絶対にやれるようになってやるという強い意志をもつことだ。
 そうすればできる。
・もっともっと 野球にのめり込め
・少年の心に戻って、素直な気持ちでプレーしよう
・一打席 一球をもっと大切に
・投手はプライドを持って投げよ
・自分を過大評価せよ
などと書いてあるのが画面から見てとれました。


いろんな監督やコーチが、試合中にベンチでいろいろメモをしている様子はテレビで見ていましたが、実際に書いてある内容を見たのは初めてでした。
もっと細かい、戦術的なことや成績などのデータが書かれているのかと思いきや、王監督の場合にはこんな感じだったんですね。

他にもいろんなトピックがありましたけど、全2回とも(録画して)見れて良かったです。

−関連記事−
王貞治ノート〜打席での心構え

最後までありがとうございました。
ただいま、次の野球ブログランキングに参加中です。
よろしければ 1日1クリック による投票もお願いします。
 にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
 bnr.gif 人気ブログランキングへ 

 blogram投票ボタン


ラベル:王貞治
posted by maddog31 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球のテレビの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

坂本勇人選手は左利き

先日放送された『S☆1 Jスポ』(TBS系)でも、少し前のスポーツ新聞でも、楽天・田中将大投手と巨人・坂本勇人選手の話題がありました。

2人は同じ小中学校の同級生で、小学生時代は「昆陽里タイガース」というチームでチームメイトだったという話。
もう有名ですけど。


テレビを見て知ったのは、その頃の坂本選手はスイッチヒッターの練習もやったということ。
でも、本来右打ちの坂本選手が左で打っても
田中選手には飛距離で敵わない
のが嫌で、諦めたとか。

当時はチーム内で
3番 坂本投手(キャプテン)
4番 田中捕手
だったそうですね。


今をときめく2人が同じ高校ならぬ、同じ少年野球チームの同期でチームメイトだったというは、凄いですね。
しかも、その当時とは違うポジションで球界を代表する選手になっているのだから、途中に関わった指導者の方達の導きも確かだったのでしょう。
坂本選手は青森・光星学院
田中投手は北海道・駒大苫小牧
から高卒ドラフト一位でプロ入りしたところまで。


田中投手はもう、高校生時代から全国区のスーパースターでしたが、今年は坂本選手の飛躍が凄く、こちらに関してのエピソードが最近は多いですね。
一番の注目は、
坂本選手の利き手が左である
ということ。

野球以外はすべて生まれつきの左利きで、野球はお兄さんのお下がりのグラブを使って野球を始めたお陰。
こないだ読んだ野球漫画『ストッパー』の主人公と同じです。

元来の左利きで、遊撃手として求められる強肩と器用さを持っていることに驚きです。
逆にインコースのさばき方が上手なのと、グラブさばきの柔らかさ、そこに生まれつきの左利きの素養が活かされているのでは?と見る人も多いようです。
よく
右投げ左打ちが理想
なんてことを野球で言われますが、坂本選手は真逆ですね。

ちなみにすっかりメジャーになった坂本選手のグラブの型番は久保田スラッガーのL7S
プロ入り後、チームメイトの使っていたグラブを使用して気に入ったらしいですよ。

久保田スラッガーを使う遊撃手が増えましたね。
中島裕之、坂本勇人、鳥谷敬
西武時代の松井稼頭央L7の影響大でしょうかね?

関連記事
 漫画「ストッパー」
 2008オールスター
 オールスター限定グッズ〜久保田スラッガー
 2008西武ライオンズ(6)〜中島裕之


最後までありがとうございました。
ただいま、次の野球ブログランキングに参加中です。
よろしければ 1日1クリック による投票もお願いします。
 にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
 bnr.gif 人気ブログランキングへ 


posted by maddog31 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球のテレビの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

正田、台湾プロ野球へ

先日放送されていた『バース・デイ』(TBS系)を録画していたので見ました。
今回は昨年で日本プロ野球を引退した2人の選手のその後について。


1人目は正田樹投手。
群馬・桐生第一高校のエースとして夏の甲子園で優勝投手になった後、日本ハムへドラフト1位で入団し、パ・リーグ新人王も獲った投手です。
松坂大輔投手が活躍した次の年の大会でしたが、3完封したこともあり、なかなか凄い投手が出てきたなあと思った記憶がありました。
新人王獲得後は制球難で活躍ができず、阪神へ移籍した後も活躍なしで2008年オフに戦力外通告を受けたところまでは知っていました。

2人目は吉武真太郎投手。
ダイエー(ソフトバンク)時代から中継ぎで活躍し、巨人に移ってからは出番が減少し、同じく2008年オフに戦力外通告でした。

番組は戦力外通告されたあとの2投手の動向についてでした。
12球団合同トライアウトを受けたあと、国内球団からは声が掛からなかった2人。
正田投手は台湾・興農ブルズの入団テストをクリアして、見事に入団。先発ローテーション投手として活躍を始めたところ。
吉武投手は古巣となる巨人にて、打撃投手として再出発したというドキュメントでした。


『バース・デイ』ネタは何度か取り上げていますが、知っている選手が出て、別の場所で選手として続けられるのを見ると、応援したくなりますね。
しかし、プロ野球選手も短命に終わる選手がいかに多いことか。

正田投手の高校の1学年下にはトレードで今年からヤクルトに移籍した一場靖弘投手がいます。こちらも新天地で頑張ってほしいところ。
吉武投手は小久保裕紀選手がソフトバンクへ復帰した際の人的補償で巨人へ移籍した選手。
小久保選手のダイエー→巨人→ソフトバンクの移籍に振り回された選手です。
こちらも新天地で頑張っていただきたい。

余談。
2人とも使っているグラブはハタケヤマみたいでした。

関連記事
 平下、関西独立リーグへ
 
山村、MLB挑戦へ
 2008合同トライアウト


最後までありがとうございました。
ただいま、次の野球ブログランキングに参加中です。
よろしければ 1日1クリック による投票もお願いします。
 にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
 bnr.gif 人気ブログランキングへ 


posted by maddog31 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球のテレビの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

草野球のために肩を手術!?

今日のデイリースポーツの記事です。
お笑いのS-1バトル王者であるトータルテンボス・藤田憲右さんが、得た賞金で古傷の右肩を手術する意向であるとのこと。
賞金は1000万円。
手術を依頼するのはオリックス・濱中選手も治療した名医。

藤田さんは高校生時代は静岡県予選で2連続完封もしたピッチャーだったそうで。

藤田さんは現役引退後の草野球での投球時に痛みが走り、いわゆる野球肩になったそうです。
もちろん日常生活には支障がなく、治療も不要。

バカバカしいと思った人も多いかもしれませんが、それで肩が治るのであれば僕などは羨ましいと思ってしまいます。



気になったのはこの記事にあった続き。
大学病院での診察結果は下記の通りでした。
「関節唇損傷だと思われる。手術しないと完治しない。」
「日常生活には支障なし。」
「草野球なら投げ方を(横に)変えたら大丈夫。」

投げ方を横に変えたら大丈夫というのはどういう理屈か?
大変興味ありますね。
草野球で同じ悩みを持つプレーヤーがたくさんいると思います。


もちろん、肩手術から(最終的には)完全復活できなかったプロの投手も何人もいます。ある意味大英断かも知れません。
その辺の経過を、本人から発していただけると大変嬉しいのですが・・・。


最後までありがとうございました。
ただいま、次の野球ブログランキングに参加中です。
よろしければ 1日1クリック による投票もお願いします。
 にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
 bnr.gif 人気ブログランキングへ 

posted by maddog31 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球のテレビの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

アクセスランキング
下記ブログランキングに参加中

bnr80_15_04.gif

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

検索