スポンサードリンク

2011年04月14日

走る野球

日本ハムの強さの要因の1つは野手の「全力疾走」である。
と、とある本で読んだことがあります。
他のところでも言われていますが、走者としてのベースランニングはもちろん、攻守交替守備位置に向かうとき、打者走者として一塁へ走る時も全力疾走が目立ちます。

この全力疾走の効用は何か?
思いつくところは2つ。
1つは相手守備に常にプレッシャーを与えること。
凡打でも全力疾走してくる相手には、守備側は常にイヤや意識を持つもの。
実際に全力疾走で生きるランナーも出てくるので、守る野手全員にプレッシャーを掛けるのでエラーを誘発させる効果もあります。
もう1つは・・・。
きっと、普段からの全力疾走を心がけている方が、下半身のコンディション作りと維持には有効なのではないでしょうか?
十分ベテランの域に達している稲葉選手や金子選手など、若手に混じってもそん色ない走攻守のプレーは目立ちます。


そんなことを思っていたところでの今オフの森本選手の日本ハムから横浜への移籍。
テレビで何度かとりあげらえていた森本選手のチームへ及ぼす好影響ですが、
「チームの雰囲気が明るくなった」
というコメントが多かった他に、
「守備位置へ全力疾走」
というのもありました。

日本ハムだからというわけでなく、アマチュアでも“やって当たり前”というものではありますが、プロではなかなかできていないもの。
それを「当たり前」としてチームに根付かせることができるかどうか?
 根付いたチームが強いのか?
 強いから根付くのか?
きっと両方が前向きなスパイラルで回転するのが継続して強いチームなのだと思います。

少年野球から高校野球まででは当たり前に見られる光景ですが、横浜スタジアムに野球を観にいくことも多いので、今年からはこの辺もよく見てみたいと思っていました。


そんなことを思っていたところ、開幕戦で出た横浜の主砲・村田選手の全力疾走が話題になっていました。
「ああいう走塁は今までなかったもの。見てくれた人に喜んでもらえたと思う」
と尾花監督が称賛したのは、左中間への打球処理と中継のわずかな乱れの間に二塁まで到達した走塁。
さらに続く右飛で右翼手の緩慢な守備の間に三塁へ。
そして、右犠飛で同点のホームを踏んだ。

横浜は今季、スピード野球を掲げており、上で“当たり前”と書いてしまった「攻守交代から凡打したときまで全力疾走」を徹底したとのこと。
シーズン前には走力という点でダークホースと言われた村田選手のほか、開幕戦では他にも吉村が好走塁で単打を二塁打にしたり、森本も一塁から長駆ホームイン。
米村外野守備走塁コーチも
「タイミングは微妙でも(村田が二塁へ)走ったことで中継が乱れた。これで警戒してくれたら何かが変わってくる」
とコメントしたとおりで、狙い通りの効果があった様子です。


「走る横浜」
屋敷・加藤・高木のスーパーカートリオや高橋雅が居た大洋ホエールズ時代も魅力でしたが、こうした全員が全力疾走できるチーム作りにも魅力を覚えますね。


ちなみに、草野球を楽しむ自分自身は・・・。
もちろん、打者・走者としては全力疾走を欠かさずやってます。

今年の選抜高校野球の東海大相模の走塁を見ていて、チーム全体で先を考えたプレー、相手にプレッシャーを与えるプレーについて、余計に重要性を感じていたところです。
高校野球では東海大相模のスタイルは今後何らか影響を与えていくだろうと、勝手に予想しています。


自分自身に話を戻して、守備位置に付くまでの全力疾走となると・・・。
外野手ですが、草野球でもやり続けるとどうなるか?
それは自分でやってみるしかない!?ですね!続きを読む
posted by maddog31 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 監督論・指導論・作戦論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

左対左の勝負の確率

クライマックスシリーズから始まったポストシーズン。
日本シリーズも2戦までを終えたところで一息。
2戦目に中日・落合監督が並べたオーダーと報道を見て、ちょっと調べたりしました。


【クライマックスシリーズ】
10月9日(土)
 西武 5 - 6 ロッテ
 福浦が土肥から決勝ソロ

10月14日(木)
 ソフトバンク 1 - 3 ロッテ
 大松が杉内から3ラン

10月16日(土)
 阪神 1 - 3 巨人
 小笠原が能見からタイムリー2本

10月22日(金)
 中日 2 - 3 巨人
 阿部が岩瀬から決勝ホームラン

【日本シリーズ】
10月31日(日)
 中日 12 - 1 ロッテ
 マーフィーから大島・野本で計3打点

結果の下に書いた一文の共通項、わかりますか?
左投手から左打者が打って試合を決めた試合を取り上げて書きました。
結構な割合です。


「左打者には左投手を」はいわゆるセオリーですが、これだけ左投手が左打者に決定的に打たれてるとは。
特に先頭に書いた試合は、現地観戦した試合だけに印象的な左対左で投手が負けた対戦でした。


日本シリーズ2戦目のときに、前日調子の悪かった打者に代わって2人の左打者をスタメン起用した中日・落合監督。
「調子の良い選手を使った」とこともなげにコメントされていましたが、中日は相手千葉ロッテの先発を左のマーフィー投手と読みきっての起用だったことがポイントです。
コメントどおりに解釈すれば「左対左」のセオリーよりも調子を優先して使って、結果が出たということになりましょうか。


ところが実際には数字の裏づけもありそうです。
中日の主な左打者の今シーズンの相手投手の右・左投げ別の成績。

森野将彦
    右投 .373
    左投 .255
野本圭
    右投 .216
    左投 .233
大島洋平
    右投 .233
    左投 .308
堂上剛裕
    右投 .217
    左投 .429

レギュラーである森野選手を除くと、みな左打者にも関わらず相手投手が左投手の時の打席のほうが打率が良いという成績。
もちろん打数の違いはありますが、それでも左対左が打者に不利である根拠はうかがえません。


逆に日本シリーズで対戦中の千葉ロッテの左打者。

大松尚逸
    右投 .252
    左投 .278
福浦和也
    右投 .318
    左投 .182
岡田幸文
    右投 .189
    左投 .100
根元俊一
    右投 .196
    左投  −(対戦なし)

レギュラー格の大松選手以外はみな左投手を苦手としていたという結果。
皮肉にもこの傾向から外れていた大松選手が負傷退場している千葉ロッテ。
このロッテの左打者陣に中日が積極的に左投手をぶつけてくれば、それはセオリーではなくて数字に裏づけされた作戦になりますね。


ちなみに、この「左対左」については、野球人の錯覚という本でも取り上げていて

「左対左を徹底させるのなら、右対右も徹底させるべき」
と結論付けています。
シーズンにもよりますが、左対左が極端に打者にとって分が悪い結果が出ているわけでもなく、むしろ(本でとりあげた2005年シーズンでは)
「右対右」の打率のほうが「左対左」より悪い
という結果になっているからです。


これ、本で読んでいたからというわけでもなく、感覚的にうなずけるんですよね。
我が西武ライオンズでも、打席数の多い・少ないを度外視すれば
石井義人
    右投 .294
    左投 .273
上本達之
    右投 .246
    左投 .341
大ア雄太朗
    右投 .228
    左投 .400
などと、左投手でも打っている左打者がいます。
きっちり相手投手の左右で使い分けるのが、正しい選択なのか?
もうちょっと我慢の起用で、可能性を見極めてみたいところです。


ちなみに、左打者を苦にする左投手がそこそこいる理由。
最近の左投手のピッチングスタイルとの兼ね合いが大きいとは個人的に思っています。
右打者との対戦が多い左投手の決め球として、右打者の外に逃げて(沈んで)いく球種が幅を利かせています。
逆に左打者相手になった場合、この球種を思い通りに投げられるかどうかで、対戦の度合いが変わってくるのかな?と思ってます。
パッと思いついたところで、この左投手たち。
打者の左右別に今シーズンの被打率がこんな感じでした。

チェン(中日)
    右打 .209
    左打 .284
成瀬善久(千葉ロッテ)
    右打 .215
    左打 .253

でもきっと、左打者で左投手の外角球を遠くへ飛ばす力のある打者が少ないので、相対的に左打者には外側勝負して打たれても長打は少なく、大きなダメージを負っていないのでは?
この辺も日本シリーズを見る観点としては面白そうですね。

おまけに。
我が西武ライオンズの左のエース。酷い!
帆足和幸
    右打 .253
    左打 .322



「左対左の勝負」の話。
野球では尽きないところですが、他にもたくさんの方がブログで話題に取り上げられているので、そういう情報も参考になりました。
 http://www.plus-blog.sportsnavi.com/baseball_oyaji/article/2
 http://www.plus-blog.sportsnavi.com/udai/article/32
posted by maddog31 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 監督論・指導論・作戦論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

野球を好きになる七つの道〜桑田真澄

早稲田大学大学院で書き上げた論文に続いて、最近は著書『心の野球』(→コチラも参照)の出版でもあちこちで話題の桑田真澄氏。


先日、7月20日の朝日新聞には1面の3/4くらいの大きなスペースを割いたコラムが掲載されていました。
ネットでもあちこちで見られます。
http://www2.asahi.com/koshien/column/TKY201007200358.html
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/khiroott/article/493#trackback
http://baseballsns.jp/member/7947/diary/185198/
http://sfbaseball.blog134.fc2.com/blog-entry-36.html
http://accordo.blog.so-net.ne.jp/2010-07-22
http://blog.goo.ne.jp/yorii_shokokai/e/b47d082bd3dbd4ff07ec3d025448d753


僕も、最近は自分が監督を務める草野球チームに携わったり、プロ野球や学生野球を観たりする中で、いろいろ野球について考えることも多いのですが、共感できるところ、ハッと気づかされるのも多いのが、最近の紙面やテレビでの桑田氏の主張。

何回か“真面目に”この辺の自分の考えを書こうかと思っていたのですが、そのキッカケにするにはちょうどよい内容だと思ったので、簡単に紹介したいと思います。


コラムのタイトルは、
『野球を好きになる七つの道』
でした。

その七つとは、
 一、練習時間を減らそう
 二、ダッシュは全力10本
 三、どんどんミスしよう
 四、勝利ばかり追わない
 五、勉強や遊びを大切に
 六、米国を手本にしない
 七、その大声、無駄では?

でした。


タイトルを見るとわかるとおり、以前の“論文”についてのエントリーでも触れた練習時間のこともその他展開したことも繰り返し言われています。
その根底にあるのが、
・未来ある青年達を野球嫌いにしてはいけない
・野球が人生の全てではない
・選手の目標達成を手助けするのが指導者の役目である

といった思想で、それが方々露出することでブレないことが共感を呼んでいるのだと思います。

もちろん、1つ1つをとって見ていく中で、僕自身も考えが異なることがあったりします。
また、今回の話題に限らず
 ★桑田真澄投手について
にまとめている中で触れている別の話について共感することもあります。

その辺を加味しながら、別のエントリーで触れていきたいと思いました。
今日はそのキッカケになれば、と思います。 
 

それにしても、桑田真澄氏。
引退してからも“影響力”を発揮していますね。
僕が多分に影響を受けてきた桑田・清原のいわゆるKK世代と、それ以降の世代がどういった形で今後の野球界に関わっていくのかは、それはそれで興味ありありです。
 続きを読む
タグ:桑田真澄
posted by maddog31 at 20:29| Comment(2) | TrackBack(1) | 監督論・指導論・作戦論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

桑田真澄氏の論文〜野球部の練習時間について(2)

前回取り上げた桑田真澄氏の修士論文の話の続き。

・学生時代の練習時間は減らすべき
・1000本ノックなどに代表されるような練習はオーバーワークになるので、練習は「短く少しずつ」を継続すべき
・できるプレーを正確に行う練習をすべき

という主張に対し、テレビの番組の中でも意見を求めたところ、早速何人かの(元)アスリートから反論がありました。
それら反論を要約すれば、
・限界を超える練習が自信に繋がる
・限界を超えるのが自分を支える特訓になる
・諦めない心が養われる
というもの。
まあ、ごもっともな意見ですし、宇津木妙子元監督や高橋尚子と言った金メダリストが話しているのですから、賛同も多いはず。


それらの反論に対する桑田氏の説明も下記の通りで明快だったと思います。
(そのスポーツとの関わりは)10代で終わりではないので、ムリをしてはいけない
・野球以外からも、根性・責任感・人を思いやる心・チームワーク・物事を分析する力・・・を学ぶことができる。


つまるところ、
野球(に打ち込むこと)も人間形成の手段の1つとして有用であるが、野球だけで全てを知ることはできない。
なのに、野球に(特に時間という切り口で)多くを捧げてしまう学生生活は好ましくない。
野球でも必要な友情やチームワークは、野球以外のところでも養うことができるはず。
本来、健康の維持や促進効果のある野球(スポーツ)であるのに、10代という若い時代から体にケガを負うまで追い込むことはその目的に反する。
と、こんなところも主張されたかったのでしょうか?


続きを読む
posted by maddog31 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 監督論・指導論・作戦論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

桑田真澄氏の論文〜野球部の練習時間について




桑田真澄が早稲田大学大学院を首席で卒業した論文

『S1』(TBS系)という番組で、先日の放送で桑田真澄氏が登場しました。
自身がこの春に卒業した早稲田大学大学院での研究論文の内容に触れる話題でした。

論文のタイトルは
「『野球道』の再定義による日本野球界のさらなる発展策に関する研究」
というもの。
首席で卒業ということもあり、ニュースなどで何度か話題にはなりましたが、その内容について触れたのは初めてでした。


高校野球部の練習時間に対するアンケート結果
続きを読む
タグ:桑田真澄
posted by maddog31 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 監督論・指導論・作戦論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

アクセスランキング
下記ブログランキングに参加中

bnr80_15_04.gif

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

検索