2017年11月24日

瞬間風速的な極端な記録で打者の分類ができないか?

連続猛打賞の日本記録は5試合

以前、千葉ロッテの清田選手の連続猛打賞が4試合まで続いて途絶えた頃に、ちょっと調べて
5試合連続猛打賞という記録から二刀流・大谷に期待したい記録を見つけた
http://hobbybaseball.seesaa.net/article/419128757.html
というエントリーを投稿しました。

日本記録は、5試合連続。
達成者は千葉ロッテで清田選手の同僚である井口資仁選手と、西沢道夫さん(元中日)。
西沢さんは、画像も映像も見たことがない選手でピンときませんが、井口選手はそんな記録を保持していたのですね。
知りませんでした。

ついでに二塁打関連の記録を調べてみると、1試合4二塁打という記録もありますね。
僕の馴染みのある選手で言えば、これらの選手が達成者でした。
基満男(大洋)
高沢秀昭(ロッテ)
大野久(ダイエー)
イチロー(オリックス)
柴原洋(ダイエー)
井口資仁(ダイエー)
糸井嘉男(日本ハム)
岩村明憲(ヤクルト)

“瞬間風速”的に生まれる記録を打ち立てる打者には、共通の特徴はないのか?

こういう、“瞬間風速”的に生まれる突拍子もないような記録を打ち立てる打者には、共通の特徴はないのかな?

他にどんな“瞬間風速”的な記録が計測されて、誰が記録しているのか?
それらの選手に、何か共通項は見いだせないのか?
あわせて調べてみたいと思います。



posted by maddog31 at 17:00| Comment(0) | 僕の勝手な野球選手分類法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ラベルリスト
下記ブログランキングに参加中

bnr80_15_04.gif

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ

人気ブログランキングへ

最近の記事
最近のコメント
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。