2017年11月23日

得点記録の内訳で選手の分類ができないか?

選手の持つ資質+性格的なものが似ていれば、同じようにプレーや成績に結果として表れるのではないか?

なんていうことを考えています。
そういう見方で、この数回のエントリーで「野球選手を分類する」方法を考えてみようと思っているわけです。

一般的な選手の分類としてはこのようなところでしょうか。
投手なら
右投げ/左投げ、速球主体/制球主体、先発型/抑え型、オーバースロー/サイドスロー/アンダースロー、・・・

打者なら
右打ち/左打ち、俊足/鈍足、アベレージヒッター/長距離ヒッター、・・・

選手分類は記録を重視

maddog31の分類では、まず記録は重視したいと思っています。
ただし、同じ記録であっても、それを達成するまでの過程や内容による分類をしたいのです。


得点、本塁打、打点の比較をしてみる

例えば、得点と、それを生む要素の1つである本塁打や、打点との比較で分類をできないか?と思いました。

きっかけは、イチロー選手が王貞治選手の持っていた「最多得点記録」を日米通算で更新したときの談話。
イチロー選手は談話の中で、王選手の記録との比較については
「王選手は得点を自分のホームランで記録している」
「得点を比較するのはフェアではない」
と言ったようです。

イチロー選手が言うまでもなく、選手として王貞治とイチローの(俗にいう)タイプが異なるのは自明ですが。。。

似ているところはないのでしょうか?
同じ資質は持っていないのでしょうか?
こんなことを説明できるような分類を考えているわけです。
こんなところから分類のキッカケを掴みたいところです。


左打者としてイチロー、王、松井、大谷、森を比較

イチロー選手の2017年シーズン終了までの成績
・得点 − 2,073
・本塁打 − 235
・打点 − 1,309

王貞治選手の現役通算での成績
・得点 − 1,967
・本塁打 − 868
・打点 − 2,170

松井秀喜選手の現役通算での成績
・得点 − 1,557
・本塁打 − 507
・打点 − 1,649

大谷翔平選手の2017年シーズン終了までの成績
・得点 − 150
・本塁打 − 48
・打点 − 166

森友哉選手の2017年シーズン終了までの成績
・得点 − 124
・本塁打 − 35
・打点 − 147

例えば大谷翔平と森友哉。
体型や野手としてのプレースタイルは極端にかけ離れたものがあると思います。
この2選手を偉大なる左打者、王貞治、イチロー、松井秀喜と比べると、誰に近い?
それとも、誰とも異なる?


posted by maddog31 at 10:00| Comment(0) | 僕の勝手な野球選手分類法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ラベルリスト
下記ブログランキングに参加中

bnr80_15_04.gif

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ

人気ブログランキングへ

最近の記事
最近のコメント
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。