2015年09月02日

シーズンの四球が三振より多い記録を持つ選手

今年はセ・パで日本人打者が驚異的な記録でタイトル争い中

セではヤクルトの山田哲人、パでは秋山翔吾がシーズン前半から驚異的な成績を残していますね。
それ以外にもヤクルトでは、山田と川端と畠山とで打撃三部門を独占してみたり。
パでは秋山が中村と打撃部門を席巻しながら、ソフトバンクの柳田も驚異的な記録。

タイトルの掛かる部門ではこのように、毎日ニュースになるくらい情報があふれています。
僕がファンであるライオンズ以外の選手でも気にしている他の記録があります。
一般的には目立たない記録ですが・・・。



四球が三振より多い選手がどれだけ出るか?

ズバリ、こんな記録に注目しています。
選手名鑑などを眺めていて、少し前から気になっていた選手の記録。
単に三振が多いとか、四球が多いとか、そういう記録はイメージも浮かぶし、シーズンを終える頃には何らか話題にはなるものです。
しかし、三振と四球という相反する(?)記録のバランスを見てみると、結構面白いなぁと思っていました。
一般的な選手であれば、シーズンで見れば圧倒的に三振の数が四球の数を上回ります。
この数字が同じくらいだと、世間で言われるかなりの“好打者”が浮かび上がってきます。


浮かび上がってくる“好打者”

手元にある今年度(2015年)の野球名鑑、野球太郎の『プロ野球選手名鑑』に載っている直近数シーズンの記録から、シーズンで
 四球数>三振数
を達成した選手をピックアップしてみると、この選手たちがリストアップされました。
 坂口智隆(2014/オリックス)
 角中勝也(2014/千葉ロッテ)
 栗山巧(2013/西武)
 阿部慎之助(2012・2013/巨人)
 鈴木尚広(2014/巨人)
 鳥谷敬(2012・2013・2014/阪神)
 丸佳浩(2014/広島)
 森野将彦(2014/中日)
 谷繁元信(2014/中日)
 和田一浩(2013・2014/中日)
 川端慎吾(2013/ヤクルト)
 比屋根渉(2012/ヤクルト)
(鈴木と比屋根は打席数が全然少ないですが、いちおうピックアップ)

「四球数>三振数」とはなりませんでしたが、惜しい選手たちはこんな選手達でした。
 内川聖一(2013/ソフトバンク)
 中村晃(2014/ソフトバンク)
 松中信彦(2012/ソフトバンク)
 ヘルマン(2013/西武)
 田中賢介(2012/日本ハム)
 銀次(2014/楽天)
 福留孝介(2014/阪神)
 バレンティン(2013/ヤクルト)
 松元ユウイチ(2012・2014/ヤクルト)

だから何?
と言われればそれまでなのですが、いわゆる“好打者”と言われるタイプの選手でも、連続してハイアベレージを残せる/残したことのある選手を簡単にピックアップできました。
選手の資質を判別するとてもわかりやすい指標だと思います。


今シーズンで該当するのは?

同じように、今シーズンのこの時点までの成績で、規定打席以上の選手に限って
 四球数>三振数
となっている選手も見てみましたが、この3選手。さすがです。
 鳥谷敬
 中村晃
 田中賢介

惜しい選手としては
 坂本勇人
 近藤健介
 角中勝也
 藤田一也
 糸井嘉男
が挙げられます。
ちょっとフレッシュな選手も出てきました。

首位打者のタイトルを獲りそうな選手を簡単に炙り出す指標として、結構使えるのではないでしょうか?
などと考えています。


posted by maddog31 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 僕の勝手な野球選手分類法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ラベルリスト
下記ブログランキングに参加中

bnr80_15_04.gif

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ

人気ブログランキングへ

最近の記事
最近のコメント
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。