2013年04月17日

投げ方は縦軸型と遠心力型の2つだけ

以前に
 腰の縦回転・横回転と投球腕の位置
というテーマを書いたことがありましたが、最近もまた「投球フォーム」についてあれこれ考えたり調べたりしています。
その過程での簡単な整理を。

工藤公康氏の著書、
【送料無料】47番の投球論 ...

【送料無料】47番の投球論 ...
価格:735円(税込、送料込)


の中で、『人間の投げ方には2種類しかない』というテーマの記述があります。

その2種類というのが、タイトルに挙げた
縦軸型
遠心力型

この考え方を初めて読んだ当初は、先に挙げた「縦回転」と「横回転」より安易に“回転”という既成概念めいた言葉を使わない、イメージしやすい考え方だと妙に納得した記憶があります。

では、この2種類の型とは?

『縦軸型』
股関節を支点とした場合、この支点から投球する指先までの長さを利用して投げる型。
長身で手足の長い体型の人に有利で、股関節から上の上体を前に倒すことで腕から先を加速させる投法。

『遠心力型』
体の中心線(軸)を中心にした遠心力を指先へ伝えて投げる型。
骨格や筋肉の強さを活かして、遠心力のエネルギーをロスなく腕に伝えて腕を振り切る投法。
ざっと書くとこのような感じでしょうか。

どちらが良い/悪いという概念ではなく、その人の体格(骨格+筋力)を活かせるのが良い型というスタンス。
体格が弱く長身の体では、遠心力を働かせると支点から指先までの距離が長いので大きなエネルギーを生み出せるが、腕がその負荷に耐えられる必要がある。
上背が低く手足も短い体では、上体を倒しても支点〜指先までの距離がないので大きなエネルギーを生み出しにくい。

そういった大雑把な見方で分類すれば、体格に適した投げ方の選択は間違いないようです。

ですが、実際のプロレベルでは持っている筋力という要素があるので、体格だけでは判断はできないということも。
実際に著書の中で工藤氏は、いずれも長身のランディ・ジョンソン、ダルビッシュ有をいずれも『遠心力型』と分類しています。
逆に明確に『縦軸型』と定義しているのはかつての山口高志(阪急)しか明示していません。

この括りで言えば、僕が今年注目している投手で言うと
『縦軸型』
  田中将大(楽天)
  菅野智之(巨人)
  藤浪晋太郎(阪神)
  東浜巨(ソフトバンク)
『遠心力型』
  菊池雄星(西武)
  大谷翔平(日本ハム)
のように見えます。


posted by maddog31 at 23:30| Comment(3) | TrackBack(0) | ピッチング論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バドミントンのスマッシュは縦ですかね?
ここ最近ずっと悩んでます
バレーのスマッシュもどうですか?
Posted by 田所 at 2018年08月03日 00:29
>田所さま

バドミントンもバレーボールも遊びでしかやったことがないのですが。
「股関節から上の上体を前に倒すことで腕から先を加速させる」に近いイメージがあるので、私個人的には「縦回転」の要素が強いように思います。
Posted by 管理者 at 2018年08月05日 20:34

野球とバドミントン一緒にやっており
野球のフォームがしっくりこなく非常に悩んでいました
返信ありがとうございます
Posted by 田所 at 2018年08月06日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ラベルリスト
下記ブログランキングに参加中

bnr80_15_04.gif

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ

人気ブログランキングへ

最近の記事
最近のコメント
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。