スポンサードリンク

2010年05月01日

ルールの確認(9)〜塁を占有する権利

4月30日の甲子園で行われた阪神−巨人の試合中であったプレーで、あちこちで物議をかもし出しています。
坂本選手のルールを勘違いした?走塁ミス。
いわゆる「塁の占有権」というルールに関するプレーです。

(野球規則7・03) 二走者が同時に一つの塁を占有することは許されない。ボールインプレイの際、二走者が同一の塁に触れているときは、その塁を占有する権利は前位の走者に与えられているから、後位の走者はその塁に触れていても触球されればアウトとなる。


難しく書いてあるようですが、頻繁に起こるプレーです。
こんなプレーです。


「ランナーが挟まれている間に、次のランナーが到達した塁に前のランナーが戻った場合、タッチをすれば後ろのランナーがアウトになる」というよくあるプレー。
なので“いわゆる”と書きました。
僕が小学生の時にはよく“親子丼”って言ってました。
挟殺プレーを教わる時に必ず教わるルールです。
そして、僕が教わった時には
・ランナーが勘違いすることがあるから、必ず塁上にいるランナー2人共にタッチをしなさい。
・万が一、前のランナーが勘違いして塁を離れたらもう一度そのランナーにタッチしなさい。
・そうすれば2人ともアウト!

と、セットで教わりました。

もちろん、走塁時の注意はその逆で
・塁上に重なってしまったら、ランナーはタッチされても“自分が”「アウト!」のコールを明確に受けるまで塁を離れなくてよい。
という教わり方。


まあ、少年野球ならではの教え方ですが、低学年時などは選手も勘違いするものなので。
と思っていたら、昨晩見た野球ニュースで驚きました。


この勘違い、巨人の坂本選手がやってしまったんですね。
そして、上の例と同様、城島捕手はしっかり両方の走者にタッチしている。
守備側がやっていることは少年野球と同じ。
このプレーをプロで観れたのは喜んでよいのやら、悲しんでよいのやら。


この話題、ここまでで終えようと思ったのですが、もう1つ。
この挟殺プレーが始まった時、(守備側にミスがない前提に立てば)
挟まれたランナーはできるだけ時間を掛けさせて、次のランナーを先の塁まで進めさせるのがセオリー。
守備側も時間を掛けないことを意識していますが、たいていの場合は次のランナーは一目散に走ってきます。
上の巨人の場合も、三塁コーチャーはグルグル手を回しています。
そうすると、普通に考えれば次のランナーは“無警戒”で走ってきますよね?
そんなことを頭に入れながらこのプレーを観ると。
2006年の選抜、横浜vs八重山商工の試合です。
(3分30秒からのプレー)


実は前にも取り上げた動画なのですが(→体格差を埋めるチームプレーを参照)、このプレーを練習していたこと、大舞台で発揮できたことは感動モノでした。
しかも、ちょっと前に戻してみるとわかりますが、場面は1点差に迫られた終盤。
この投手は直前にブルペンからマウンドに上がった投手。

冷静に考えれば、点差が充分にあって、アウトカウントを確実に増やしたい時などは狙ってもよいプレーだとは思いますがね。
 

しかし、翻って坂本選手のプレー。
原辰徳監督のコメントの真意が気になる。
http://baseball8956.seesaa.net/article/148365655.html
 

斜体文は『公認野球規則』から引用しました。
 

◆ただいま、次の 野球ブログランキング に参加中です。
 宜しければ、1日1クリック 投票をお願いいたします。
 にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
 bnr.gif 人気ブログランキングへ 
 blogram投票ボタン
posted by maddog31 at 10:32| Comment(2) | TrackBack(2) | ルールの確認 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
maddog31さんなら、今回の「親子丼」の動画を見つけてらっしゃるだろうなと思ってお邪魔させてもらいました。予想がズバリ的中しました^^。坂本の完全な凡ミスですね。4番打者をかき集めたチームは、意外とこういう部分が脆いのかも。それにしても真弓監督は超カッコ悪いっすね。趣味はビールとテレビのナイター中継というその辺のおっさんと変わらないようなリアクションですよね。阪神の選手が坂本と同じような失敗をしたら指さして大笑いしてやりたいですわ^^。挟殺すプレーの練習、大事ですね。
Posted by フルスイング30 at 2010年05月01日 22:59
>フルスイング30さん
光栄というかなんと言うか(笑)。
夜のニュースで観た後、「そんなことがあったのか!」って思って、twitterでも情報探してしまいました。もちろん動画も。
あまりに影響力の大きい試合、選手のプレーでしたが、あれを観た少年達が、このプレーとルールを知るキッカケになってくれればいいと願っています。
でも、監督もあれを反面教師にしないといけないですよね。
Posted by maddog31 at 2010年05月02日 00:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

坂本勇人選手(巨人)について
Excerpt: 「教えていなかったわたしが悪いということ」 (時事ドットコムより引用) と、原辰徳監督が挟殺プレーの際にミスを犯した坂本選手についてコメント。 http://www.jiji.com/jc/c?g=..
Weblog: 野球人のコトバ〜野球についての語録メモ
Tracked: 2010-05-01 10:47

2006年春の甲子園〜第78回選抜大会
Excerpt: 1988年4月2日〜1989年4月1日に生まれた世代が2年生(新3年生)で迎えた春の大会。 【優勝校】 横浜(神奈川) 【準優勝校】 清峰(長崎) 【その他上位進出校】 岐阜城北・PL学園・日本..
Weblog: 野球選手でいうとあなたは誰世代?
Tracked: 2010-05-01 10:50
スポンサードリンク

アクセスランキング
下記ブログランキングに参加中

bnr80_15_04.gif

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

最近の記事
最近のコメント
検索