スポンサードリンク

2009年10月27日

2009MLBプレーオフの結果

日本のクライマックスシリーズに続いて、MLBのプレーオフ、リーグ優勝決定戦までの結果をおさらいします。

【ア・リーグ】
東地区1位 ヤンキース
中地区1位 ツインズ
西地区1位 エンゼルス
Wカード レッドソックス(東地区2位)

★地区シリーズ@ ヤンキースvsツインズ
 ヤンキースが ○○○:3勝0敗の3勝先勝で勝ち上がり
★地区シリーズA エンゼルスvsレッドソックス
 エンゼルスが ○○○:3勝0敗の3勝先勝で勝ち上がり
★リーグ優勝決定シリーズ ヤンキースvsエンゼルス
 ヤンキースが ○○●○●○:4勝2敗の4勝先勝で勝ち上がり


【ナ・リーグ】
東地区1位 フィリーズ
中地区1位 カージナルス
西地区1位 ドジャース
Wカード ロッキーズ(西地区2位)

★地区シリーズ@ フィリーズvsロッキーズ
 フィリーズが ○●○○:3勝1敗の3勝先勝で勝ち上がり
★地区シリーズA ドジャースvsカージナルス
 ドジャースが ○○○:3勝0敗の3勝先勝で勝ち上がり
★リーグ優勝決定シリーズ フィリーズvsドジャース
 フィリーズが ○●○○○:4勝1敗の4勝先勝で勝ち上がり


ということで、今年のワールドシリーズは
 ヤンキース vs フィリーズ
に決定しました。


今年の地区シリーズは3戦全勝で勝ちあがったのが4チーム中3チームもあり、どうなるかと思いましたが、リーグ優勝はそんなに混戦なく決着した感があります。
それでも、
ヤンキースは土壇場での神がかり的な同点・逆転が続きました。
フィリーズは相手の投手陣を打線が粉砕してきました。


ワールドシリーズの楽しみもあります。
なんと言っても今年は両チームの4番対決ではないでしょうか?
特に、実はワールドシリーズ初出場となるアレックス・ロドリゲス。
A・ロッドはプレーオフに弱いことで散々叩かれてきましたが、今年は違います。
一方のフィリーズの4番はライアン・ハワードですよね。

それに、今年はシーズン終盤に好調だった松井秀喜。
DHが使えない=松井が使えない試合はヤンキースに不利!
なんていう報道もあちこちであるようです。
それだけ今年の松井の存在が大きく認められているということでしょう。
シーズン後の去就の問題もありますが、まずはここで活躍してほしいというのが日本のファンの想いですね。

あとは余談になりますが、審判の問題。
このプレーオフは誤審の嵐でした。
重く見たMLBはワールドシリーズの審判をベテランで固めることにしたそうです。
こちらの話題はゲームを壊さない程度にしてもらいたいですねわーい(嬉しい顔)


さて、前の記事でも取り上げたこの本。
『日本シリーズ全データ分析』(小野俊哉)

ワールドシリーズの結果なども交えた短期決戦でのトピックがありますので、日本シリーズとワールドシリーズ、できれば又にかけてこのブログでも取り上げていこうと思います。

最後までありがとうございました。
ただいま、次の野球ブログランキングに参加中です。
よろしければ 1日1クリック による投票もお願いします。
 にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
 bnr.gif 人気ブログランキングへ 

 blogram投票ボタン
タグ:MLB
posted by maddog31 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | MLBの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131345657
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

アクセスランキング
下記ブログランキングに参加中

bnr80_15_04.gif

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

最近の記事
最近のコメント
検索