スポンサードリンク

2009年08月19日

15秒ルールの適用第一号は工藤

18日の試合で、とうとう15秒ルールが初めて公式戦で適用されました。
適用されたのは横浜・工藤公康投手。
巨人・谷佳知選手を打席に迎えての場面での適用でした。

今年から導入されたこのルール。
当初は話題に上がり、いろいろ対処法なども論議されました。
が、実際には適用されるケースもなくここまできて、忘れ去られた今頃にようやく適用1号です。

導入された目的は言うまでもなく、試合時間の短縮。


ということでしたが、ここまで適用ケースがなかったというのは、15秒という制限時間が思ったより長いからなのでしょうか?
それとも、ランナー無しの場面に限定されているからなのでしょうか?

導入当初は、
ランナーを背負ったピンチの場面で、バッテリーと打者の駆け引きの時間を無理やり短縮するのは野球の醍醐味を損なう!
とかいう反論もネット上に散見しました。
もちろん、ランナーあるときは最初から適用除外ですが。

それだけ(早とちりをされるほど)視聴者の喰らい付きもよく、開幕前には日本ハム・ダルビッシュ投手に注意を与えたりして、いかにも厳しくやっていくという意思表示に見えていたのは事実です。

中日・落合博満監督などに至っては、
サイン交換をしてから捕手が投手に返球する
という「裏技」発言までありました。


ともかく、ここまで1ケースしか適用されていないのですから、シーズン終了までもこのままのペースに変わりはないと思います。
ということは、
もともと15秒は極端に長い時間設定であった
のか?
みんな意識的に間合いを短くしている効果が出ている
のか?
のどちらかなんでしょう。

私は前者だと思いますが・・・わーい(嬉しい顔)


いずれにしても、シーズン終了時にどれだけ試合時間の短縮に効果があったのか?
しっかり検証していただく必要があると思いますね。

もっとも、今の季節柄、野球の試合の時間短縮に最も効果があるのは、
攻守交替の駆け足ぴかぴか(新しい)
だと思いますけどね。

最後までありがとうございました。
ただいま、次の野球ブログランキングに参加中です。
よろしければ 1日1クリック による投票もお願いします。
 にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ
 bnr.gif 人気ブログランキングへ 

 blogram投票ボタン


posted by maddog31 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ルールの確認 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126052374
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

アクセスランキング
下記ブログランキングに参加中

bnr80_15_04.gif

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

最近の記事
最近のコメント
検索