2008年11月28日

2008西武ライオンズ(11)〜渡辺久信監督

埼玉西武ライオンズ・渡辺久信監督。
監督就任1年目での日本シリーズ優勝は驚きでした。

就任1年目の日本シリーズ制覇監督は過去に7人
と、意外と多いんですね。
とはいえ、完全に黄金時代から"脱色"してしまって、長かった万年Aクラスから転落したライオンズを1年で立て直した手腕は認めるところです。

監督のコメントもなかなか好感持てます。
「就任1年目の監督を盛り上げてくれて、選手には本当に感謝しています。」
「やるからには、日本一を目指そうと思ってた。」
「負け犬にはなりたくなかった。」
「近年にない、いい日本シリーズができたことがうれしかった。」

シリーズ最終戦の西口文也投手の先発抜擢についても
「西口は生え抜きで200勝を狙える投手。ずっと投げさせたいと思っていた。」



打撃面では全面的にデーブ大久保コーチに委任していたと報じられています。
シーズンはエース涌井の不調もあって、どちらかといえば攻撃で勝ってきた印象がぬぐえませんでした。
しかし、シリーズでは特に投手陣が監督の期待に応えた形でした。
岸孝之投手の投入と続投はドシッと動かず。
第7戦は石井一久&涌井秀章を迷わず投入。



1年目監督として経験値に疑問がつけられがちでしたが、現役時代は
・先発した後の試合でスクランブルでのリリーフ登板
・敵地7勝のシリーズ最多記録
など、シリーズ経験は最も豊富だったのかも知れません。
東尾修&渡辺久信&工藤公康なんて、シリーズでは先発も後ろもやっていましたよね。
僕にはその頃と今年の起用はダブって見えました。


確か、今年は
唯一の「投手出身」監督
で話題にならなかったかな?
監督として、
12球団最年少
プロ野球史上最も大きい背番号「99」
というのもありましたね。


そして、シーズン終了後には「正力松太郎賞」の受賞が決定。
ライオンズの球団として8人目。
オーナーからも長期政権の意向あり、と嬉しいこと満載ですね。
(とりあえず2年契約でした。)

受賞についてのコメントは
「正力賞はプロ野球の中で権威ある最高の賞。受賞を聞いたときは本当にびっくりした。僕ひとりの力でなく、西武に携わる、すべての人のサポートのおかげです」
だそうです。



今年は監督就任1年目でBクラスから日本一に(史上初)。
リーグ優勝
クライマックスシリーズV
日本シリーズ優勝
アジアシリーズ優勝

来年が正念場ですが、更に期待です。
 

関連記事
 2008西武ライオンズ〜デーブ大久保効果
 2008西武ライオンズ(2)〜アーリーワークの効果
 2008西武ライオンズ(3)〜ギャンブルスタート
 2008西武ライオンズ(4)〜岸孝之
 2008西武ライオンズ(5)〜涌井秀章
 2008西武ライオンズ(6)〜中島裕之
 2008西武ライオンズ(7)〜片岡易之
 
2008西武ライオンズ(8)〜優勝記念イベント
 
2008西武ライオンズ(9)〜中村剛也
 2008西武ライオンズ(10)〜G.G.佐藤&ブラゼル


最後までありがとうございました。
ただいま、にほんブログ村 野球ブログに参加中です。
よろしければ 1日1クリック による投票もお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ
  ・・・おかげさまでランキング2位  (2008/11/27現在)




posted by maddog31 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 2008西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【岸孝之】についてブログの検索結果をまとめると…
Excerpt: 岸孝之 についてブログの検索結果をまとめると…
Weblog: 最新キーワードチェック!
Tracked: 2008-11-30 19:24

ラベルリスト
下記ブログランキングに参加中

bnr80_15_04.gif

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ

人気ブログランキングへ

最近の記事
最近のコメント
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。