2008年11月23日

2008西武ライオンズ(9)〜中村剛也

ライオンズから久しぶりの「ホームラン王」のタイトル獲得となりました。
中村剛也選手。
西武の日本人選手のホームラン王獲得は
田淵幸一、秋山幸二以来。
今年の46本はその2人を超える数字。


2005年に22本を打って1軍に定着しましたが、
2006、2007年は2桁も打てない低迷だっただけに、今年はとてつもない飛躍でしょう。

といっても、高校時代から長打力には定評があって、今年25歳でのタイトル獲得は「順調」な成長といえるかも知れませんね。

「高校通算本塁打数」
という指標がどれほど信頼できるのかわかりませんが、言われているところでは
87本 中田翔(大阪桐蔭)
86本 大島裕行(埼玉栄)
83本 鈴木健(浦和学院)
83本 中村剛也(大阪桐蔭)
になっていて、中村は歴代3位タイです。

1位の中田を除いては、偶然にも3人とも西武ライオンズへ入団しましたが、鈴木健も大島裕行もプロではホームランバッターのタイプとは言い難いので、「順調」といったわけです。
余談ですけど、これまた偶然で中田翔と同じく大阪桐蔭高校卒でもありますね。



という経歴もあり、打ではもともと素材としても評判が高かったのが発揮された今年。
見た目の体の大きさと、
「おかわり君」
とか
「サンペイ」
とか言われているイメージからは想像できませんが、実は「足」の方も速いです。
「高校時代は大阪桐蔭高校の1年後輩である西岡剛(ロッテ)より足が速い」
という噂も。
そういう意味では今シーズンの盗塁2、プロ通算でも9盗塁というのはもったいない。



今シーズンの
打率.244。
失策22(全て三塁手として)。

弱点は克服してもらいたいけれど、持っている素質=「足」は発揮してもらいたい。
僕は「走れる中村」も相手にとってはより脅威だと思います。

今年はチーム事情から4番に座りましたが、
来シーズンは何番を打つことになるのでしょうか。
結果的に日本シリーズでは4番で3安打全てがホームランでしたが、
シリーズのハイライトは僕は第7戦。
勝ち越しに繋がった、同点ランナーなしの場面での敬遠気味の四球
だと思いました。
(勝ち越しのホームインは中村)

やはり一発のあるバッターは脅威です。
こういう四球が増えてくれば打率・出塁率もあがって・・・。
5、6番あたりに座ると怖そうですね。



最後に、いつもの余談です。
中村選手のグラブはSSK。
SSK中村モデル
 


関連記事
 2008西武ライオンズ〜デーブ大久保効果
 2008西武ライオンズ(2)〜アーリーワークの効果
 2008西武ライオンズ(3)〜ギャンブルスタート
 2008西武ライオンズ(4)〜岸孝之
 2008西武ライオンズ(5)〜涌井秀章
 2008西武ライオンズ(6)〜中島裕之
 2008西武ライオンズ(7)〜片岡易之
 2008西武ライオンズ(8)〜優勝記念イベント 


最後までありがとうございました。
ただいま、にほんブログ村 野球ブログに参加中です。
よろしければ 1日1クリック による投票もお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ
  ・・・おかげさまでランキング4位  (2008/11/22現在)




posted by maddog31 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 2008西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

2008年シーズン感想 ?日本ハム編
Excerpt: ... 「非力」の二文字が代名詞となりつつある日本ハム野手陣だが、これは開幕前あ...
Weblog: 中田翔の秘密
Tracked: 2008-11-23 20:18

ラベルリスト
下記ブログランキングに参加中

bnr80_15_04.gif

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ

人気ブログランキングへ

最近の記事
最近のコメント
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。