2008年11月18日

2008西武ライオンズ(5)〜涌井秀章

今年開幕投手であった涌井秀章投手ですが、
シーズンは終わってみれば10勝11敗。
昨年の17勝10敗から見ても寂しい成績ではあります。
防御率が3.90な上に、細かく見ると
完封が0、与四死球率3.07、暴投が11。
いかに不本意なシーズンであったことでしょうか・・・。

今年は開幕前には背番号「18」への変更も噂になり、また北京オリンピック日本代表にも選ばれて、と忙しい年ではありましたが。

シーズン前に
「今年はストレートを磨く」
という本人のコメントを何度か耳にしましたが、それが裏目に出たのでしょうか?
実のところ、不調の原因がよくわかりませんでした。
ただ、クライマックス〜日本シリーズでの存在感は圧巻でした。
間違いなく今のライオンズのエースであり、日本を代表する先発ピッチャーであるでしょう。


今年の中のハイライトはやっぱり日本シリーズ初戦。
あまりにカッコよい1面記事だったので、買ってしまいました。

wakui.JPG
(by 日刊スポーツ)


不調でも「やっぱり練習は裏切らない」とでもいうのでしょうか。
ランニング量が半端でないと聞きます。

松坂大輔投手も
「僕が(涌井に)絶対勝てない部分はランニングの量。絶対に勝てない。」
と言っていました。
ランニングで養った下半身の強さ故か
球持ちがよい
と形容されます。
楽天・野村監督も
「マー君(田中将大投手)に参考にして欲しい」
と番組で言っていました。


冷静に見ると、持ち球は豊富ですが、
涌井の本当のウィニングショットはどの球なんでしょうか?

バランスがよく、いずれも完成度が高いのは先輩・松坂のよいところを継承していますが、負けの多さも継承気味なのが心配です。

今年までプロ入り4年での通算が40勝35敗。
もうちょっと勝ちが先行しておかしくないピッチャーでしょう???
同学年のダルビッシュ有投手が4年通算で48勝19敗。
記録では差をつけられ始めていますよね。


とまあ、今年は不調だったこともあり辛口なコメントになってしまいましたが、
(西武)ライオンズの「16」
こちらは
松沼雅之
潮崎哲也
と引き継いで来た、入団前から期待大で、ライオンズ一筋だったピッチャーの番号。
涌井投手もこれからもまだまだ期待大です。
    


余談。

涌井モデルのグラブはローリングス製ですね。


関連記事
 2008西武ライオンズ〜デーブ大久保効果
 2008西武ライオンズ(2)〜アーリーワークの効果
 
2008西武ライオンズ(3)〜ギャンブルスタート
 
2008西武ライオンズ(4)〜岸孝之 


最後までありがとうございました。
ただいま、にほんブログ村 野球ブログに参加中です。
よろしければ 1日1クリック による投票もお願いします。
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ
  ・・・おかげさまでランキング6位  (2008/11/17現在)




posted by maddog31 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 2008西武ライオンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんでダルと比べるの?

みんなしてダルと比べて、鬱陶しい。

ワクはワク。

ワクのペースで野球人生を歩んで行けばいい。
Posted by at 2008年11月23日 14:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ラベルリスト
下記ブログランキングに参加中

bnr80_15_04.gif

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球コーチ・技術へ

にほんブログ村 野球ブログ 野球用品・グッズへ

人気ブログランキングへ

最近の記事
最近のコメント
検索
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。